猫と花とハーブとおいしいもの好きのうだうだ  
プロフィール

ぱんこ

Author:ぱんこ
コちゃん(小雨♀)と
細々なガーデニングと
日々のつれづれをつづっています。


☆ライフボート
☆いつでも里親募集中!
☆画像掲示板☆

リンクリスト

ブロとも申請フォーム
CATEGORY : 放射能は怖いよ
Index
RSSフィード
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告 

放射能の話
子どもの突然死リスク心臓疾患8倍! 茨城がベラルーシと同じ状況に

http://www.tax-hoken.com/detail.php?pid=asapv6jIHW

茨城だけではなく 宮城や 栃木 群馬 東京でも、語られず 明らかにされない内部被爆による病は増加しているはず。
放射能に関する話をタブーにすれば 子々孫々に一層の苦しみを背負わせることになることに 気がついてほしい。
スポンサーサイト
category : 放射能は怖いよ  comment : 0  track back : 0

少し古い記事だけど 米が一番偽装しやすいもののひとつかもしれない。

福島産米、偽装し販売=最大85トン、給食用も流用-仙台


ブランド銘柄の印刷されたコメ袋は ホームセンターとかに売ってるし、
産地を始め、農協や問屋や町の小さなおコメ屋だっていくらだってブレンドできる

先日キノコの放射能検査をしにいったとき
職員さんが言っていた、「最近はお米の検査が増えています。
お米は混ぜて放射能を薄めるんですよねぇ。。」


どこで誰が何を混ぜたか解らないような米が
給食に使われているのは否定できないと思う。
基準値内なら放射能はなかったことになる。
微量だって毎日食べていればよくないに決まっている。



生産者の良心?
コメ問屋の良心?
学校給食参入業者の良心?
あってないものだろう。

ばれなきゃ何をやってもいい を前提に
いくらでも法をすり抜ける手段はあるものだ。
他人任せでは自分の子どもですら 守れない。


category : 放射能は怖いよ  comment : 0  track back : 0

セシウム検査で判明した子どもの体内被曝の深刻度


リンク先より転載。

-----------------------------------------------

 関東15市町で実施されている最新検査で、子どもたちの尿の7割からセシウムが検出されていたことがわかった。ジャーナリストの桐島瞬氏は、その被曝の深刻度を明らかにする。

*  *  *
 入手したショッキングなデータをまず、ご紹介しよう。常総生活協同組合(茨城県守谷市)が、松戸、柏、つくば、取手など千葉、茨城の15市町に住む0歳から18歳までの子どもを対象に実施した尿検査の結果である。

「初めの10人を終えたとき、すでに9人からセシウム134か137を検出していました。予備検査を含めた最高値は1リットル当たり1.683ベクレル。参考までに調べた大人は2.5ベクレルという高い数値でした。いまも検査は継続中ですが、すでに測定を終えた85人中、約7割に相当する58人の尿から1ベクレル以下のセシウムが出ています」(常総生協の横関純一さん)

 検査を始めたのは、原発事故から1年半が経過した昨年11月。検査対象全員の146人を終える来年明けごろには、セシウムが検出される子どもの数はさらに膨れ上がっているだろう。

 セシウム134と137はウランの核分裂などにより生じ、自然界には存在しない物質だ。福島から近い関東の子どもたちが、原発事故で飛び散ったセシウムを体内に取り込んでいるのは間違いないだろう。副理事長の大石光伸氏が言う。

「子どもたちが食べ物から常時セシウムを摂取していることが明らかになりました。例えば8歳の子どもの尿に1ベクレル含まれていると、1日に同じだけ取り込んでいると言われます。内部被曝にしきい値はないので、長い目で健康チェックをしていく必要があります」

 関東だけではない。放射能汚染による体内被曝が、東海や東北地方にまで及んでいることも分かった。福島を中心に200人以上の子どもの尿検査を続けている「福島老朽原発を考える会」事務局長の青木一政氏が、実例を挙げて説明する。

「昨年11月に静岡県伊東市在住の10歳の男児、一昨年9月には岩手県一関市在住の4歳の女児の尿からセシウムが出ました。この女児の場合、4.64ベクレルという高い数字が出たため食べ物を調べたところ、祖母の畑で採れた野菜を気にせずに食ベていたのです。試しに測ってみたら、干しシイタケから1キロ当たり1810ベクレルが検出されました」

 食品に含まれる放射性セシウムの基準値は、1キログラムあたり一般食品100ベクレル、牛乳と乳児用食品50ベクレル、飲料水と飲用茶10ベクレルだ。ただし、基準そのものに不信感を持つ消費者も多い。検査もサンプル調査だから、東日本の食材を敬遠し、なおかつ1ベクレルでも気にする風潮につながっている。

 体内にセシウムを取り込むと、どういう影響が出るのか。内部被曝に詳しい琉球大学名誉教授の矢ケ崎克馬氏が解説する。

「セシウムは体のあらゆる臓器に蓄積し、子どもの甲状腺も例外ではありません。体内で発する放射線は細胞組織のつながりを分断し、体の機能不全を起こします。震災後、福島や関東地方の子どもたちに鼻血や下血などが見られたり甲状腺がんが増えているのも、内部被曝が原因です。怖いのは、切断された遺伝子同士が元に戻ろうとして、間違ったつながり方をしてしまう『遺伝子組み換え』で、これが集積するとがんになる可能性があります」

 矢ケ崎氏は、尿中に含まれるセシウム137がガンマ線だけ勘定して1ベクレルだとすれば、ベータ線も考慮すると体内に大人でおよそ240ベクレルのセシウムが存在し、それに加えてストロンチウム90もセシウムの半分程度あるとみる。

 体に入ったセシウムは大人約80日、子ども約40日の半減期で排出されるが、食物摂取で体内被曝し、放射線を発する状態が続くことが危険だと言う。

 常総生協が昨年度、食品1788品目を調査した資料がここにある。結果を見ると、280品目からセシウムが検出されていた。米74%、きのこ63%、お茶50%、それに3割近い一般食品にもセシウムが含まれていたのだ。

※週刊朝日  2013年10月4日号
category : 放射能は怖いよ  comment : 0  track back : 0

地産地消の顛末
恐い話を見つけてしまいました。

世間では 福島原発事故もいまだダダ漏れしている汚染水のことも
もれた汚染水が地下水を汚染し続けていることも
無かったかのように 忘れ去られようとしている。
いえ、 故意にそう仕向けられていると思います。

いつまでも事故の記憶を引きずっていては
風評被害だという人もいますが、
汚染された食料を食べ汚染された水を飲み
汚染された空気を呼吸し
その結果が どういうものかがここにあります。





地産地消の顛末


つづきも読む
産地偽装や まぜて薄めて 数値偽装で汚染されたものを売り続けている人がいる限り
日本に安全な場所はありません。
地震や災害に原発がもろい存在だということを知りながら 原発を続けることは
日本の子どもたちの将来を脅かすのに これ以上のことは無いと思います。


いまの状況は 当分改善されることは無いと思います。
経済優先の付けは 一番弱い人にしわ寄せされる。

これから赤ちゃんを産もうとしている女性。
これから大人になっていく子どもたち。
人事ではありません。注意してしすぎることは無いからね。 
category : 放射能は怖いよ  comment : 0  track back : 0

リンク を追加しました。
リンク ★阿修羅♪を追加しました。

category : 放射能は怖いよ  comment : 0  track back : 0

ブログ内検索
なまこクラブ

QRコード
QRコード
過去ログ
copyright © pinkのshadow 猫とつれづれ | Designed by ootataneko | HP素材屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。