猫と花とハーブとおいしいもの好きのうだうだ  
プロフィール

ぱんこ

Author:ぱんこ
コちゃん(小雨♀)と
細々なガーデニングと
日々のつれづれをつづっています。


☆ライフボート
☆いつでも里親募集中!
☆画像掲示板☆

リンクリスト

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
FC2カウンター
小さすぎて失敗。
今日の北の丸。

130607_1620~02

130607_1620~01

130607_1620~03

130607_1621~01
category : つれづれ  comment : 0  track back : 0

 涙無くしては…   いまでは猫派だけど ワンコとも暮らしていた。
Little Stars 『どうして?』

Jim Wills , 2001

あたしが子犬だった時、あたしのおどけたしぐさであなたを笑わせた。

あなたはあた
しのことを、あなたの子供と呼んでくれて、

たくさんの靴を噛んだりクッションをだめにしたけれど、あたしはあなたの親友になったね。

いくらあたしが 『いたずら』 をしても、あなたはただあたしを指差して、

『どうしてそんなことが出来るんだよ?』

と聞くだけ、そしてその後、やさしくあたしを転がして、おなかを撫でてくれたね。


あたしのいたずらは結構長く続いたけれど、それはあなたがとっても忙しかったから。

それでもあたし達は、一緒に頑張ったよね。


憶えてる。いくつもの夜、ベッドの中であなたに寄り添って、いくつもの打ち明け話と、まだ誰にも言っていない夢を聞いたね。

あたしはこれ以上完璧な生活はないって信じていたよ。


あたし達はよくお散歩へ行って、公園を走り回ったよね。

ドライブの途中、アイスクリームを買うために停まったりもしたよね。

(もちろん、アイスクリームのコーンしかもらえなかったけど。だってあなたが『アイスクリームはあたしには良くない』 っていうから)


1日の終わりには、太陽の下でお昼寝を日ながら仕事が終って帰ってくるあなたを待ち続けた。


段々あなたは、仕事と出世のための時間を使うことが多くなったね。

それと、人間のお友達を見つける時間も・・・


あたしは我慢して待ったよ。

悲しんだり落ち込んだりしたあなたを慰めて、あなたの決めた事が間違っていたとしても、決して叱ったりしなかったし、

あなたが家に帰ってくると、飛びついて喜んだよ。

そしてあなたに好きな人ができた時も。


彼女は今あなたの奥さん。

犬好きな人じゃないけれど、それでもあたしは彼女を歓迎して、愛情を示そうともしたし、言いつけにも従ったよ。

あなたの幸せが、あたしの幸せだったの。


それから赤ちゃんが生まれて、あたしもあなたたちの喜びを一緒に感じ、

輝きと香りに魅了され、あたしも彼らのお世話をしたかった。

でも、あなた達はあたしが彼らを傷つけないかどうか、スッゴク心配して、

ほとんどの時間あたしは他の部屋やゲージに入れられてたよね。

あぁ、どれほど彼らを愛したかったか・・・

あたしは「愛の囚人」になり始めてた。


子供達が成長して、あたしは彼らの友達になった。

あたしの毛をむしったり、おぼつかない足取りであたしに乗っかってみたり、

目や耳を危なっかしく触ったり、お鼻にキスもしたり。


あたしは、子供達があたしに触れてくれる事そのすべてを愛した。

-だって、あなたはもう私に触れることが、ほとんどなくなってたから。

彼らが必要としてくれるなら、あたしの命をも投げ出して彼らを守ったと思う。


あたしは子供達のベットへもぐりこみ、悩み事や将来の夢を聞いて、

一緒にあなたの運転している車が、家への道を入ってくる音を待ったの。


ちょと前までは、よく誰かが犬を飼ってるかってあなたに聞いたら、財布からあたしの写真を出して話をしてたね。

でも、ここ数年はタダ 『飼ってるよ』 って言うだけ。

その後は話題を変えてしまう。

あたしは 『あなたの犬』 から 『タダの犬』 になってしまった。

そして、あたしにかかるお金も出し惜しむようになったね。


あなたは今、新しい仕事のチャンスを得て他の町へ行く。

あなた達家族は、ペットを飼うことの出来ないアパートへ引っ越していく。

あなたは 『家族』 にとって正しい決断をしたけれど、あたしが唯一あなたの家族だった時もあったんだよ。


あたしは車に乗れて、おおはしゃぎだったけど・・・それも保健所に着くまでだった。

夢も希望もなく恐れだけ、そんな犬と猫達の匂いがプンプンしていた。

あなたは書類を記入すると、保健所の人たちに 『この子に合ういい家を探してくれるだろ』って言ったね。


彼らは肩をすくめて、心配そうにあなたを見てたよ。

彼らは知ってるんだよ、子犬でもない犬にどんな現実が待っているか、それがたとえ血統書つきでもね。


『パパ嫌だよ!お願いだからボクの犬を連れて行かないで!』

叫ぶ子供の手を、あたしの首輪から引き離さなくちゃいけなかったね。

あたしは彼らのことが心配になったよ。

たった今、あなたは子供達になんてことを教えたの?

友情、忠誠、愛、責任感、それからすべての生命を尊ぶ事について、なんてことを教えたの。


あなたは、あたしの頭をポンポンってたたき目をそらして、丁寧にあたしの首輪とリードを受け取ることを断ったね。

あなたに最終期限があったのと同じように、あたしにも最終期限はあったんだね。


あなたが去ってから、二人の優しいお姉さんが言ってたよ。

どうして引っ越すことが1ヶ月も前にわかっていたのに、あたしのために新しい家族を見つけようとしなかったんだろうって。

首を振りながら 『どうしてそんなことが出来るのかしら?』 って聞かれたよ。


お姉さん達は、忙しいスケジュールの中でも、あたし達のことをとっても可愛がってくれた。

もちろん、あたし達にごはんもくれたけれど、あたしは何日も前から食欲がなかったの。

最初は、誰かがゲージの前を通るたびに駆け足で前まで行って、あなたが気が変わって戻ってきたんだって思った。

でもそれはすべて悪い夢。

せめて誰でもいいから、あたしに気付いてここから救ってくれる誰かが欲しかった。

それでも、愛情を求めるかわいい子犬たちの運命には勝ち目がないって気が付いた時、

あたしはゲージの片隅でただひたすら待ったの。


ある夜、お姉さんが歩いてくる足音が聞こえたの。

あたしは彼女の後をトボトボついて歩き、別の部屋へ行った。

そこはとっても静かなお部屋だった。

彼女はあたしをテーブルの上に乗せて 『心配しなくても良いよ』 って耳を撫でながら言ってくれた。

あたしの心臓は、これからされることを考えてドキドキしていた。

でも、その反面ほっとした。

愛の囚人には、もう残された時間は少ない。


あたしは自分の事より、お姉さんの事を考えていたの。

きっと耐えきれない責任の重さに、押しつぶされそうになってることをあたしは知っていたから。

それは、いつもあたしがあなたの気持ちをすべてわかっていたように。


お姉さんは、涙を流しながらあたしの前脚に駆血帯を巻いた。

あたしはいつもあなたに安らぎを与えていた時と同じように、お姉さんの手をなめたの。

それからお姉さんは、あたしに注射をした。

針が刺さる、冷たい液体があたしの体を流れていくのを感じる。

あたしは眠るように横になって、彼女の優しい目を見つめて 『どうして?』 ってつぶやいたの。


多分彼女は、あたしの言葉をわかってた。

『本当にごめんね』 って、あたしを抱きしめて大急ぎで説明してくれたの。

これがお姉さんの仕事で、あたしがちゃんと無視されたりもせず、虐待もなく捨てられたりもせず、

自分ひとりで生きていかなくてもいい場所 ― こことはまったく違う、たくさんの光と愛に満ち溢れた世界・・・

そこへあたしがちゃんと行けるかどうか、確認しないといけないの。

最後の力を振り絞って、あたしは尻尾を振り 『どうして?』 は、お姉さんに言った言葉じゃないんだよ。

って伝えた。

それはあなたに言った言葉よ 『あたしの最愛のご主人様』 。

あたしは永遠にあなたを思い、待つわ。

言った言葉よ 『あたしの最愛のご主人様』 。

あたしは永遠にあなたを思い、待つわ。

これからもあなたの人生にかかわる人すべてが、

私と同じくらいの忠誠を、あなたに尽くすことを願って。
971924_537303612998337_224683277_n.jpg



The End.

「この物語は、非営利目的であれば、どなたでもHPや雑誌等に掲載する事ができます。

もう一度、『生命』 について考えを新たにして戴けたら幸いです」

とのことでしたので掲載しました。

現実に同じ様な事がおこっています。少しでも不幸な犬が減るといいですね。
category : つれづれ  comment : 0  track back : 0

ブログ内検索
なまこクラブ

QRコード
QRコード
過去ログ
copyright © pinkのshadow 猫とつれづれ | Designed by ootataneko | HP素材屋